♪♪大島ミチル オフィシャルサイト♪♪

東京のピースコンサートの報告

2013.05.22 0:27-up!

長崎のコンサートの2日後の14日は東京、津田ホールでピースコンサートがありました。長崎、東京とも満席のお客様となりました。津田ホールでは室内楽だけでオーケストラはありません。1部はアーサービナートさんと福島の詩人の若松丈太郎さんの対談、斎藤こずえさんの朗読(若松丈太郎さんの詩)でした。2部はオペラ座の演奏だけの予定でしたが、急遽アーサービナートさんが朗読をやることになり、出来れば伴奏をとの要望が出て、チェロソロの予定だった「鳥の歌」を、長さの調整のためにピアノで(即興で)参加することになりました。東京のコンサートは長崎とはまた少し違った内容のものでしたが、これは、言葉〜音楽と、詩人や音楽家がそれぞれの形で表現する・・・と言う新しい試みでもありました。今回のコンサートのために全力を尽くしてくださった津田塾大学の早川敦子先生に心から感謝です。そしていつも前向きに励ましてくださった舞台監督の部谷京子さん、司会進行をしてくださった草野満代さん、津田塾大学の学生の方々、エルズーニャの映像と通訳の栗本一紀さん、本当にありがとうございました。この形は今年1月の津田ホールからの流れのイヴェントと言っても良いでしょう。長崎のコンサートからも繋がっています。私は音楽家ですから言葉で何かを伝える人間ではありません。でも一人の人間として考えること、大切なことがあると思って来ました。作曲家という個の仕事は演奏家と繋がることで音になり聴いてくださる方がいて音楽となります。ただ、それ以外のことを今までは考えても行動に出来ませんでした。一人の人間としての責任・・・それをここ数年思うようになりました。作曲以前のことが作曲への全てのエッセンスですし、同時にやはり曲を作ることは何よりも大切です。さっそく新しい仕事に取りかかります。7月スタートのテレビドラマ、そして夏のフランスでの音楽祭のためのビオラソナタ、アジアの音楽家との仕事などなどが近く予定されています。写真はコンサートが終って全員での記念撮影の様子です。img_7861tokyo.jpg

NEXT »

Contents

REPORT
  • 2007年06月~07月
  • 2007年08月~09月
  • 2007年10月~12月
  • 2008年01月~03月
  • 2008年04月~06月
  • 2008年07月~09月
  • 2008年10月~12月
  • 2009年01月~03月
  • 2009年04月~06月
  • 2009年07月~09月
  • 2009年10月~12月
  • 2010年01月~03月
  • 2010年04月~06月
  • 2010年07月~09月
  • 2010年10月~12月
  • 2011年01月~03月
  • 2011年04月~06月
  • 2011年07月~09月
  • 2011年10月~12月
  • 2012年04月~06月
  • 2012年10月~12月
  • 2013年01月~03月
  • 2013年04月~06月
  • 2013年07月~09月
  • 2013年10月~12月
  • 2014年01月~
  • 2017年01月~
  • RSS