♪♪大島ミチル オフィシャルサイト♪♪

友達、そして仕事仲間、二人の死

2008.08.10 17:16-up!

すでにご存知の方も多いかと思いますが、シンガーソングライターの河井英里さんが亡くなられました。私とえりちゃんの出会いは「ワーズワースの庭で」(後に「ワーズワースの冒険」とタイトルが変更になった)TV番組の主題歌の時でした。無国籍な音楽をとの番組スタッフからのオーダーで歌手を探していたのですが、関係者が「この人はどうかなあ?」と聴かせてくれたカセットの歌声がえりちゃんでした。その透明感溢れる声が素敵ですぐにえりちゃんに歌ってもらう事を決め、数日後には仮ボーカルの録音がありました。歌詞を作る時間もなかったために、その時は英語の詩を逆から読んで仮の歌詞としたのですが、それがあまりにもピッタリだったので歌詞はそのまま本録音にも使う事にしました。そうして出来上がった曲が「シャリオン」です。その後もえりちゃんの「青に捧げる」と言うCDのアレンジや作曲を手伝ったりお茶をしたり食事をしたり・・・と仲良くさせて頂いていました。いつも明るくニコニコと笑顔で頑張るんだと言っていたのに・・・亡くなった日の夜、マネージャーさんから電話を頂いたのですが言葉になりませんでした。正直言って今でも信じられないと言う気持ちです。東京にいなかったために告別式に出席する事が出来ませんでした。それだけに私の中では今でも彼女は生きているとしか思えないのです。ワーズワースのスタッフはとても仲が良く、仕事の現場以外で関係者と食事する事はまずない私ですが、「ワーズワースの会」と名前を付けて一年に一度集まってご飯を食べるくらい仲良しでした。ご飯を食べた後にさらにわんこそばを食べに行ったり、グルメな仲間で仕事の話しは全くと言って良いほどしない、楽しい楽しい集まりでした。えりちゃんも凄く楽しみにしていたこの会・・・仕事を越えた仲間だったと言えるだけに寂しい、そしてあまりにも悲しい、信じられない悲報。
そして同じ日、長年ロシア録音で指揮をしてくださっていたコンスタンチンさんが亡くなられました。お酒を飲んではしゃいだり、何かあるとすぐ落ち込んだりと子供のような方でしたが、現場ではとても厳しく、大きなオーケストラを引っ張って行くパワーのある方でした。私の作品では映画「プライド」以降、「極道の妻たち」「小麦色の天使」「北の零年」「ゴジラ対メカゴジラ」他、、、そして私の映画ベスト盤、テレビベスト盤などの指揮をしてくださっています。ロシアのオーケストラとコンスタンチンさんのおかげでスケール感のある録音が幾度も出来ました。心から感謝しています。ありがとうございます。そしてご冥福をお祈りします。

RSS