♪♪大島ミチル オフィシャルサイト♪♪

合唱、課題曲

2017.03.21 17:42-up!

ちょうど数日前に発表になったNコンの高校生の部の作曲を手がけました。お話を頂いてからずっとずっと詞が完成するのを待っていました。待っている間「すごくぶっ飛んだ詞が来たらどうしよう?」と思ったりもしましたが、それは来てから対応するしかないと覚悟を決めました。そして、ついに待ちに待った詞が届いたのですが、それはそれはとてもピュアで丁寧に考えられた内容でした。早速書き始めましたが、ともかく長い詞でしたので書いても書いても終りません!(普通の倍以上はあるのではないかなあ?)まるで長い長い人生そのもののようでもありました。それで、その「時の変化」「人生の変化」をそのまま詞に寄り添いながら書くことにしました。
男声から始まったり、男声と女声が交互に歌ったりする部分は、「人と人の交流」「友情、愛情」「人生は孤独でもあり、それを見守っている人もいる」と言うことを、そこから全員になる部分は「仲間、家族」「人は一人ではない」「力を合せて音楽を作り上げて欲しい」と言う願いを込めて書きました。
大変だったのは詞が長かったので、細かい「技」や「遊び」の部分が作れなかったり、イントロを可能な限り短くしたり、ピアノだけの間奏が作れなかったり、エンディングも短くしなければならなかったことでした。そして早くに盛り上がるともたないですし、かと言っていつまでも低空飛行してもつまらない・・・そのバランスや変化して行く様子を出すのもなかなか難しかったです。その分、直球勝負で、気持ち良く、出来るだけ生き生きと歌える曲作りにしようと思いました。
テンポも最初のイメージよりわずかですが速くなりました。(規定の長さを越えないように)。ので、出来るだけ慌てた感じにならないよう歌って欲しいです。
私は子供のころにエレクトーンを習っていてコンクールで賞を頂いたことがあります。中学生の頃までは現代音楽のようなものやジャズ、プログレロックが好きで子供らしさのかけらもありませんでした。親には良く「もっと綺麗な曲を演奏出来ないの?」と言われましたが、今でこそ綺麗なメロディーやハーモニーの大切さや素晴らしさを何よりも大事に思えますが、当時はそういう派手で複雑な音楽に憧れていました。ですから自由曲はどんな曲でもいいので好きな曲を歌って欲しいと思います。
大学時代に授業で合唱がありましたがとても楽しかったです。合唱って本当にいいなあと今でも思います。そして何よりも楽しんで友達と一緒に音楽を作り上げて欲しいです。きっとそれはいつまでも素敵な記憶として残るでしょう。桜の季節になりました。夢はあってもいいし、必ずしもなくてもいいと思います。でも、私は怠け者なので、子供のころから「夢」が「目標」でもあり、それを決めてそこに突き進むのが好きでした。やっぱり「夢」はあった方がいいなあ・・・
一生懸命、素敵に歌ってくださった合唱団、指揮者の先生、沢山のスタッフに心からお礼を・・・ありがとうございました。

RSS